VSPシリーズの概要 image

VSPシリーズは、メインフレームサーバ(GS/M)から、オフコン・UNIX(GPシリーズ)、LINUX・WindowsのIAサーバ(PRIMESERVERシリーズ)までのシステムに対応したネットワークプリンタである。ページプリンタから、インパクトプリンタまでラインナップし、様々な印刷業務に対応可能。


VSPシリーズ


GS/M、PRIMESERVERシリーズ、GPシリーズへのマルチエミュレーションを実現

imageTCP/IP、LNDFC等に対応。GS/M、PRIMESERVERシリーズ、GPシリーズが混在するネットワークで、一台のVSPを共有することができる。既存のユーザ資産を利用して柔軟なプリントシステムを、全社ネットワークに構築可能。

ページの先頭へ

複数システムからのプリント要求を同時に処理する、マルチセッション・プリントを実現。

複数のシステムからのプリントデータを同時に処理する、マルチセッション・プリントを実現。GS/Mからの基幹業務印刷の最中に、PCクライアントからの割り込み印刷を並行処理できるなど、プリントジョブの印刷効率を飛躍的にアップする。これは、他に類を見ない、VSPだけの圧倒的な処理能力である。

ページの先頭へ

ネットワークプリンタの運用・管理を実現する「PrintWalke

全社規模でのプリンタ管理ソフトウェア群「PrintWalker」が、高い信頼性で基幹業務に対応。充実したエラー・リカバリ機能で高信頼印刷を実現するPrint Monitor(PM)、PCからのオーバレイ印刷を実現するOverlay Printing(OVL)、リモートによる運用管理機能を提供するRemote Service(RS)の3つにより、ネットワーク環境におけるプリンタを確実に運用・管理。また、Linux環境からVSPプリンタ装置に印刷するためのソフトウェアPrintWalker/LXを提供。

ページの先頭へ

二次元コード(QRコード)、EAN-128バーコードに対応。

VSP4970/VSP4951では、流通/製造業において、大容量の情報をコード化する二次元コード(QRコード)や多種の情報を1つのバーコードで表現可能なEAN-128に対応。

二次元コード(QRコード)は、物流系梱包物/ダイレクトメール等での顧客情報管理や入/出庫管理等の生産管理の分野に利用されている。一方、EAN-128では、コンビニエンスストアでの公共料金等の料金代理収納にはじまり、物流情報システムでの利用が進んでいる。
QRコード
QRコード

ページの先頭へ

帳票印刷での新ソリューション

NetworkPrintStation SCP7200と連携し、UNIX/Windowsのオープンシステム環境における、センタ出力から分散出力までトータルにサポートする帳票印刷システムを提供します。CSV形式で印刷データをSCP7200に転送し、あらかじめSCP7200の帳票設計ツールで作成した帳票スタイルシートと重畳し、VSPに自動印刷します。また、お客様の環境にあった新規帳票スタイルシートの設計をサポートする帳票設計サービス。